大阪の61歳の僧侶が煽り運転して運転手の胸ぐらをつかみ書類送検!

大阪の61歳の僧侶が、急ブレーキを繰り返す、あおり運転をしたうえ、後ろの車の運転手の胸ぐらをつかんだ疑いで書類送検された。

急ブレーキを繰り返した乗用車から勢いよく降りてきた男性は、なんと法衣(ほうえ)を着ている僧侶だった。

暴行の疑いで書類送検された大阪・松原市の男性僧侶(61)は、2019年1月、堺市で急ブレーキを繰り返すあおり運転をしたうえ、信号で停車した際に、後ろを走っていた車の男性運転手の胸ぐらをつかんだ疑いが持たれている。

警察によると、僧侶の車が飲食店の駐車場から飛び出すように道路に出た際、後ろの車からパッシングされたことに腹を立て、およそ460メートルにわたり、急ブレーキをかけ続け、その後、車の窓越しに胸ぐらをつかんだという。

調べに対し、僧侶は「胸ぐらをつかんだのは申し訳ない」と容疑を認めている。

ネットの声

・私も僧侶ですが、残念でなりません… 普段、軽自動車でお参りしておりますので、煽り運転にあうことは多々あります(この車しか所有しておりませんので) 正直、腹が立ちますが我慢しなければと耐えております。

私が気になったことは、お檀家さんのお布施の中から頂戴する給与で生活させて頂いているのに、そこまでの高級車が必要なの? 宗派や寺院名、僧侶の名前を公開すべきでは? と思います。

私が言うのもおかしな話ですが、このような「クソ坊主」がいるから宗教離れが加速するのだと思います。

・こういう出方する人はいつか他で事故るな、と思うようにしてる。

危ないことを(パッシングやクラクションで)教えてあげない。

勝手にいけ。と思うようにしてる。

・61歳僧侶だけではなくて、ちゃんと名前、宗派と寺院も伝えるべきではないでしょうか?
これだけあおり運転が社会問題になっている以上、職業とかでの犯罪者のプライバシーは守らない方が一般市民の為になると思います。

後、61歳まで、何の修行をしていたのかわからない。

・録画映像は公正な判断をする材料になることを証明している。
記事に書いてるようなスピードでの飛び出してもなく、被害を受けた側もパッシングする余裕があるほどの距離もある。
ドラレコを装備する意味合いとしては、自分の運転も録画されているとわきまえことで自身の粗暴な運転の抑止効果の方が大きいと思う。

・強引な運転をする奴にパッシングをしたりクラクションを鳴らすと煽られたりする確率が高いので自分はしない様にしている。
煽り運転の動画を見ると幅寄せされてる時に必要以上にクラクションを鳴らしたり、幅寄せされた後もスピードを落として車間を開ける事も無く後ろを走り続けてるけどやっぱり逃げるのが一番だと思う。

顔写真あり!「僧侶のあおり運転」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする