スポンサーリンク
「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」小説家になろうに投稿したのは実行犯か?!
この記事をお届けした
ギリギリバサラ GIRIGIRI BASARAの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
友だち追加

「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」小説家になろうに投稿したのは実行犯か?!

「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」小説家になろうに投稿したのは実行犯か?!

「小説家になろう」に掲載された独白は、こんな一文から始まる。最初の投稿は2018年8月8日、以後は中断を挟みながらもコンスタントに書き継がれ、9月23日に「完結」した。分量はおよそ8万字だ。

「白田」を名乗る筆者は現在、子どもや孫にも恵まれ、平穏な生活を送っている。ところが先日、事件の共犯者でもあった妻が事故死した。これをきっかけに、真相を語り残すことを決意、息子の勧めもあり、マスコミではなく「あらぬ脚色等や偏見もなく」自らの文章を直接読んでもらえるサイトとして、「小説家になろう」への投稿を決めた――というのが、その筋書きだ。

ネット上の反応は?
この手記について、本当に犯人が書いたものなのか、精巧なフィクションなのか議論が沸騰している。老人にしては文体が若すぎるという声もある一方で、「内容がガチっぽ過ぎて本人としか思えない」という反応もある。

一方で、仮にフィクションだとしても「すごく読ませる文章で、ウェブ小説にしておくには勿体ない」という声や、「本当かどうかはわからないけど夢中で読んでしまった」と評価する声も出ている。

三億円事件の発生から12月10日で50年を迎えるが「謎の手記」に注目が集まりそうだ

この場を借りて、ひとつの告白をさせていただきます。

——府中三億円事件を計画、実行したのは私です。

今なお語り継がれる未解決事件の全貌を、みなさんにお話し致します。

*   *   *

府中三億円事件とは、1968年十二月十日、東京都府中市で起きた窃盗事件です。

現金輸送車に積まれた東京芝浦電気(現在の東芝)従業員のボーナス約三億円が、偽の白バイ隊員に奪われた事件。

当時の三億円は現在の貨幣価値にして約十億円——現金強盗事件としては未だに日本最高額とされています。

https://ncode.syosetu.com/n9064ex/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッター
よかったら フォローしてね

https://twitter.com/girigiribasaras
一番下のコメントも書いてくれると嬉しいな!
「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」小説家になろうに投稿したのは実行犯か?!
この記事をお届けした
ギリギリバサラ GIRIGIRI BASARAの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!