香川県の児童相談所が虐待の善意のクレームで対応が遅れる被害

香川県の児童相談所が虐待の善意のクレームで対応が遅れる被害

船戸雄大容疑者(33)と妻の優里容疑者(25)は、2018年1月下旬から3月にかけて、娘の結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)に繰り返し暴行したほか、十分な食事を与えないなどして死亡させた疑いが持たれている。

優里容疑者は、逮捕前の取り調べで、自分の連れ子の結愛ちゃんに対する虐待について、「自分の立場が危うくなるのを恐れ、夫に従い見て見ぬふりをした」と話していた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする