レーダー照射問題、居直り韓国国防省「低空飛行」で日本に謝罪要求
この記事をお届けした
ギリギリバサラ GIRIGIRI BASARAの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
友だち追加
スポンサーリンク

レーダー照射問題、居直り韓国国防省「低空飛行」で日本に謝罪要求

【ソウル聯合ニュース】遭難した北朝鮮の船舶を捜索する過程で発生した韓日間の「レーダー問題」が国際世論戦に発展しそうだ。韓国国防部関係者は6日、海軍の人道的救助活動を威嚇した日本の不当な行為を海外に知らせるため、日本語や中国語など計8言語の映像を制作して公開すると伝えた。

同部は既に、海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍の駆逐艦から火器管制レーダーの照射を受けたとする日本の主張に反論する映像(韓国語版と英語版)を動画投稿サイト「ユーチューブ」の同部チャンネルに掲載している。

同映像の再生回数と書き込みは爆発的に増えている。これに加え多くの言語で制作した映像を公開すれば、国際的な話題性が高まるのは必至だ。

国防部は海軍駆逐艦が海上自衛隊の哨戒機に向け火器管制レーダーを照射していない事実を世界に知らせることに力を入れる方針だ。同部高官は「既に公開した韓国語版と英語版のほか、日本語、中国語の映像も制作している。さらに、フランス語、スペイン語、ロシア語、アラビア語もつくっている」と説明した。

国防部は4日に公開した映像で、「広開土大王艦(駆逐艦)は正常な救助活動をしており、わが軍が海上自衛隊の哨戒機に向け火器管制レーダーを運用(照射)していないという事実は変わりない」と説明した。新しく制作する映像はこうした立場が強調されるという。

また、海上自衛隊の哨戒機が韓国駆逐艦まで500メートルの距離まで接近し、上空150メートルで威嚇飛行をしたことも訴える。

国防部は「当時、乗組員は騒音と振動を強く感じるほど、威嚇的だった」と強調する。

国防部の映像公開以降も、日本側の立場に変化はみられないが、韓日国防当局は今回の「レーダー問題」に対する協議の必要については同意している。

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官と河野太郎外相も4日の電話会談で、当局間の協議によって意見の食い違いを解消していく必要があるとの見解で一致した。

ただ、いつ、どこでするかを巡り、駆け引きが続いているとされる。韓国側はソウルで早急に開催したいとの立場だが、日本は東京での開催を求めているようだ。

韓国政府関係者は「韓国側が実務協議の開催を主張し続けているため、日本側が応じざるを得ないとみているが、まだ明確な動きはない」と話した。
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190106000400882?section=japan-relationship/index

チェフイシク/国民大日本学科教授:「『首脳同士会おう』という提案を韓国が先に先導的にする必要があります。『怒る日本』を『成熟した韓国』が抱きしめるような形を継続的に作らなければならないかと思います。」




韓国人ユーザーらしき人の意見

댓글 쓰는 시점 이 영상 좋아요 3만4천, 싫어요 3만1천. 반면에 일본 방위성이 올린 영상은 좋아요 7만4천, 싫어요 2천4백. 굳이 여기까지 찾아와서 싫어요를 눌러대고 댓글 테러를 하는 일본인들 수가 압도적으로 많음. 한국과 일본, 어느 나라가 상대 국가를 걸고 넘어져서 시비 걸고 싶어하는지 알 수 있는 대목. 일본아 미안한데 우리는 너네만큼 관심 없어~

今のところ、この動画の高評価3.4万 低評価3.1万。防衛省の動画高評価7.4万 低評価2.4千。あえて低評価を押す連中がどの国に多いか一目でわかる数値。日本と韓国、相手にいちゃもん付けたくて仕方ないのはどの国なのかはっきり分かるだろう。悪いが、日本のあなたたちほどここは盛り上がってない。いつも思うけど、日韓関係悪化云々のたび、日本は異様にあつく、韓国は冷めている。もういい加減韓国に構わないでほしい。日本めんどくっせ。

댓글 쓰는 시점 이 영상 좋아요 3만4천, 싫어요 3만1천. 반면에 일본 방위성이 올린 영상은 좋아요 7만4천, 싫어요 2천4백. 굳이 여기까지 찾아와서 싫어요를 눌러대고 댓글 테러를 하는 일본인들 수가 압도적유엔 결의에 반대해서 북한 선박에 물자를 배급하고 있는 현장을 목격되면, 한국 해군도 화내는 것은 당연한 것입니다.

国連決議に反対して北朝鮮船舶に物資を配給している現場を目撃されたら、韓国海軍も怒るのは当然のことです。

私は韓国人ですが、これが韓国の国防のレベルだと思うと、残念でなりません。今の国防部は、中国の軍用機が韓国の防空識別圏に飛び交っても抗議すらできない、事実上、中国の操り人形になってしまいました。韓国国防部が反日扇動に終始しているのも、習近平皇帝の命令があるからです。もはや韓国軍は習近平の軍隊に過ぎません。


desfsefsf
以下、韓国側の主張

・韓国は人道主義的な救助活動をしていた。
・そこに日本の哨戒機が低空飛行で進入してきた。
・なぜ日本は威嚇的な低空飛行をしたのか?
・日本の哨戒機は150m上空、距離500mまで接近してきた。
・現場乗組員が騒音と振動を強く感じるほど威嚇的だった。
・日本の映像を見ると、哨戒機側も救助活動であると認識していた。
・日本側は非紳士的な偵察活動を継続し、人道的な救助活動を妨害する深刻な威嚇行為を行った。
・偶発的な衝突が発生することもあるので、武装した軍用機が他国の軍艦に対して低空飛行をしてはいけない。
・日本は国際法を遵守しているといっているがこれは事実か?
・日本は、国際法を守っていることを裏付けるため、防衛省のホームページに掲載している資料をみると、国際民間航空条約と日本航空法施行規則を引用している。
・当時の哨戒機の飛行高度は、国際法的に問題がないと主張している。
・資料の出所は、国際民間航空機関の国際民間航空条約附属書(Annex)2-4だ。
・(そこには)高度150m以下の有視界飛行を禁止する条項がある。
・しかし、附属書の趣旨は、一般民間機の運行と一般飛行規定を定めるためのものである。
・国際民間航空条約は、軍用機には適用されないと明確に規定されている。
・日本は国際法を恣意的に歪曲し、解析している。
・韓国は、火器管制レーダーを照射しなかった。
・当時韓国は、遭難した船舶を救助するため探索レーダーだけ運用していた。
・日本の映像をみると、日本の哨戒機は、火器管制レーダーを探知したと主張しつつも、そのままクァンゲト・デワンの周囲を飛行している。
・日本の映像をみると、日本の哨戒機は、低空飛行をしながら、クァンゲト・デワンの武装(艦砲)が「自分たちに向いていない」と、攻撃意図がないことを確認している。
・もし、クァンゲト・デワンが、日本の哨戒機に向かって、火器管制レーダーを作動させれば、日本の哨戒機は即刻、回避行動をしなければならない。
・しかし、クァンゲト・デワン側に再び接近する常識外の行動を見せている。
・日本の哨戒機の通信内容は、はっきり聞き取れなかった。
・日本側が試みた通信は、雑音がひどく、明確には聞き取れなかった。
・さらに、日本の哨戒機が通信を試みた時には、すでに救助活動上空から相当に離れた後だった。
・わが国の海軍は、友好国海上哨戒機にどんな威嚇行為もしていない。
・万一、日本側が主張する火器管制レーダーの証拠資料(電磁波情報)があるのならば、両国間の実務協議で提示すれば良い。
・人道主義的な救助活動中だったわが国艦船に向かって威嚇的な低空飛行をしたことに対して、謝罪しなければならない。
・日本は、この事案を、政治的に利用しないで、実務協議を通じた事実確認手続きに当たるべきだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッター
よかったら フォローしてね

https://twitter.com/girigiribasaras
一番下のコメントも書いてくれると嬉しいな!
レーダー照射問題、居直り韓国国防省「低空飛行」で日本に謝罪要求
この記事をお届けした
ギリギリバサラ GIRIGIRI BASARAの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!