「サカナクション」のコンサートの電子チケットを転売目的で取得したなどとして詐欺罪

「サカナクション」のコンサートの電子チケットを転売目的で取得したなどとして詐欺罪

人気ロックバンド「サカナクション」のコンサートの電子チケットを転売目的で取得したなどとして、詐欺罪に問われた和歌山市園部の無職、小西正敏被告(44)に対し、神戸地裁は22日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑・懲役2年6月)を言い渡した。神原浩裁判官は「真にコンサートに行きたい一般客の機会を奪い、音楽業界全体の不利益になる」と指摘した。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする