こちらのサイトの法的措置を検討するそうです!なにか嘘や捏造しているでしょうか?
石川優実が正当な批判を潰すために嫌がらせを装い情報操作して脅迫してしまう!

石川優実が正当な批判を潰すために嫌がらせを装い情報操作して脅迫してしまう!

荒野行動のゲーム内にて大麻や性交等の犯罪が勧誘が多発!

NetEase Gamesのバトルロイヤルシューター『荒野行動』にて、福岡県粕屋郡の中学生が大麻購入を勧誘される被害に遭っていたことを西日本新聞が報じました。

iOS/Androidで流行し、2019年10月にはニンテンドースイッチ版、同年12月にはPS4版が発売された『荒野行動』。プレイヤーたちは実装されているテキストチャット、およびボイスチャットによるコミュニケーションができるほか、スマートフォンのGPS機能を使って自分の近くにいるプレイヤーを探すことも可能です。

西日本新聞によれば、12月19日に中学生がゲーム内で大麻の購入を誘われた、と福岡県警に相談があったとのこと。既に近隣の町で情報を共有し、小中学校を通じて保護者に注意を呼びかけたことが伝えられています。

男児にみだらな行為か 女を逮捕

21日、高松市の自宅で13歳未満と知りながら12歳の男の子にみだらな行為をした疑いで高松市の22歳の女が逮捕されました。

逮捕されたのは、高松市国分寺町のパート従業員、長尾里佳容疑者(22)です。

警察によりますと、長尾容疑者は21日午後11時ごろ、高松市の自宅で13歳未満と知りながら福岡県の12歳の男の子にみだらな行為をしたとして強制性交等の疑いが持たれています。

強制性交等罪は、おととし、刑法の性犯罪に関する分野が改正された際に強姦罪から名称が改められ、被害者を女性に限ってきた規定を改め、性による区別をなくすことも盛り込まれたほか、13歳未満の男女に対しては暴行や脅迫がなくても、みだらな行為などをすれば罪に問われることになりました。

警察によりますと長尾容疑者と男の子は、オンラインゲームを通じて知り合ったということで、22日の午前中、警察に通報があり、発覚したということです。

警察の調べに対し、長尾容疑者は、容疑を認めているということです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする