中国で製造された原薬から、発がん性があるとされる物質で「ラニチジン錠75」と「ラニチジン錠150」が製造された!

小林化工が自主回収する「ラニチジン錠75」

福井県は3日、胃や十二指腸潰瘍の治療薬に発がん性物質が含まれている可能性があるとして、同県あわら市の医薬品メーカー小林化工が約790万錠を自主回収すると発表した。これまでに健康被害の報告はないとしている。

対象は同社が製造した「ラニチジン錠75」と「ラニチジン錠150」で、薬剤師のいる薬局で購入可能。出荷時期は同社が調査中だが、全国に流通しているという。中国で製造された原薬から、発がん性があるとされる物質が許容限度値を超えて検出された。

問い合わせは電話0776(73)0771の同社。県は服用した場合は、まず医療機関に相談してほしいと呼び掛けている。

・まじか、結構メジャーな薬で長期に渡って服用してる人もいるぞ。
昔からある薬だし、今から回収の事態になるのも今更という感じだな。
製薬会社はどう言い訳するのやら。

・H2ブロッカーなら代用品は沢山あるし供給問題は無いだろうけど、ジェネリックを含めて原薬の品質管理位はまともにして欲しい。
今までだって降圧剤や抗生剤で同様の回収騒ぎもあったし原薬を中国などの単一企業しか製造していないことは安全保障上も問題で、セファゾリン供給不足により術前投与に大きな支障をきたしている。
医療費削減も良いが、ある程度の原薬を国内製造出来なければ最悪死傷者だって出かねないのが現状である。

・これ、先発のグラクソスミスクラインからの発信はないの?

先発品にも問題があるのなら、
上市中止など、根本的に打つ手があるが、
先発品に問題がないのなら、
後発のみに問題が出たということになって、
安価で同等の薬効を謳う後発メーカーには大打撃だと思うよ。

先発品の存在を盾に品質評価を簡略化してローコストを実現している訳だから。

これをきっかけに後発にまで先発品並みの品質評価を求められるようになったら弱小メーカーは淘汰される。

・隠してたのなら問題だけど、新しく判明したなら仕方がない気もする。
そも薬が安全っていうのが完全な幻想だと思うけどな。
大なり小なり副作用はあるので折り合いをつけて選択していくものじゃないかな。
私はやたら薬を処方する医者は信用できない。

・薬は毒とも言うしね。
これに限らず、適切に短期間で使うには良くても、殆どの薬は誤った服用をすると体に害があるし。

でも、改めて発表するということは、そういった副作用とは比べ物にならない有害物質だったって事?
私胃が弱くて良く胃薬飲むんだけど、この成分が入ってたのか気になる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする