スポンサーリンク
キリキリバサラのゲーム『OCCULTIC;NINE』オープニングムービー
この記事をお届けした
ギリギリバサラ GIRIGIRI BASARAの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
友だち追加

キリキリバサラのゲーム『OCCULTIC;NINE』オープニングムービー

キリキリバサラのゲーム『OCCULTIC;NINE』オープニングムービー

2017年11月9日発売!
PlayStation®4 / PlayStation®Vita / Xbox One
超常科学アドベンチャー『OCCULTIC;NINE』
オープニングムービーです。

『OCCULTIC;NINE』OPテーマ
「Play the game」歌:亜咲花
作詞/作曲:志倉千代丸  編曲・:悠木真一


世の中にあふれたオカルティックなインチキをバッサリ!のハズが……。

幽霊、UFO、UMA、超能力や黒魔術、都市伝説や超常現象と呼ばれる数多の不可解な出来事。
それらを信じるオカルト心棒派と、世の中にあふれたオカルトというインチキを科学的に暴き、論破しようとする者たちが集い、論争するブログ「キリキリバサラ」。

我聞悠太(がもん ゆうた)は「キリキリバサラ」の運営者。
その崇高な目的は、オカルトをネタにアフィリエイトで稼ぐこと。
自身はオカルトなんて信じちゃいないが、儲けになりそうなブログネタの取材に行った先で、他殺死体を発見する。
狼狽しながらも誰にも見つからずに逃げ出した悠太だが、図らずもそれは「ニゴロ事件」とも関係し、「幽霊」の存在に関わる大きな陰謀へと巻き込まれた事件となるのであった。



キャストコメント:梶 裕貴さん(我聞悠太役)

PS4®/PS Vita/Xbox One用ゲーム「OCCULTIC;NINE」について、梶 裕貴さん(我聞悠太役)から収録時の感想やファンへのメッセージなどのコメントが到着!
『オカルティック・ナイン』という作品に対して、どのような印象をお持ちでしょうか?

大好きです(笑)。
既にTVアニメ版で作品やキャラクターにたっぷり触れている我々にとって、とても思い入れのある作品・キャラクターたちです。
オカルトと科学という対照的なテーマを同時に扱いつつ、とても魅力的にまとまっている作品。
グロテスクやバイオレンスな表現が多いにも関わらず、人同士の繋がりを描いた人間ドラマに胸打たれました。
ご自身が演じられているキャラクターの印象について、初めて見た時点から、ゲーム収録まで終えた現在とで変化した点はございますでしょうか?
基本的には変わらず…ガモタン本人も言っているように、いわゆる「クズ」なのかな、と(笑)。
でもそこがとても人間的で、なぜか憎めない可愛らしい男の子です。
「さぞウザいだろうな…」と思いながらも全力でお芝居させていただき…結果、TVアニメの収録が終わる頃に、キャストの皆さんに「ガモタンが好きになった」と言っていただけた時は、とても嬉しかったです。
プレイヤーの皆さんにも、このゲームをクリアする頃にはそう感じていただけたら幸いです。
我聞悠太の「スカイセンサー」のように、いつも持ち歩いているもの、もしくは、捨てられずにいるものはございますでしょうか?
リップクリーム。収録で沢山喋っていると、どうしても無意識に唇を舐めてしまうようで、季節関係なく持ち歩いています。
もし幽霊になったとしたら、どんなことをしたいですか?
そもそもおばけ系の話が苦手なので、自分がなってしまった時にその事実を受け入れられるのかが心配です…。
幽霊な自分が怖い、みたいな状況になったらどうしよう…。他の幽霊たちが怖くて孤独になったらどうしよう…。
ファンの皆様へメッセージをお願いいたします。
今回のゲームで初めて本作に触れられる方は、物語やキャラクターたちに惹きつけられること間違いなしです!
原作やTVアニメをご覧いただいた皆さんにとっては、「こんな未来があったのか」「こんな寄り道があったのか」と、ますますオカンワールドにのめり込んでいただける作りになっていると思います。
僕自身、とても楽しみながら収録させていただきました。
気が早いかもしれませんが、またどこかでガモタンを演じられる日が来ることを願っています!
まずは皆さん、本作を存分にお楽しみください!