スポンサーリンク
チケットはお金儲けの道具ではありません
この記事をお届けした
ギリギリバサラ GIRIGIRI BASARAの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
友だち追加

チケットはお金儲けの道具ではありません

チケットはお金儲けの道具ではありません



例えばチケット代5,000円のライブに行けなくなってしまった場合どれだけ払わなければいけないのか。

【チケット5,000円の場合の出品者側の手数料】
取引手数料→500円(チケット額面の10%)
システム手数料→380円(送金時に必要な手数料)
配送費→510円(出品者が個人で送るため金額に誤差はあるが安心安全のレターパックプラスを使うと仮定)
合計1,390円

出品者はチケットを売ると送料も含めてだいたいこれぐらいの費用が発生する。

チケットぴあに支払う手数料だけでも880円と、チケット代の役18%を手数料として取られてしまう。

【チケット5,000円の場合の落札者者側の手数料】
取引手数料→500円(チケット額面の10%)
システム手数料→150円(決済時時に必要な手数料)
合計650円

なんか、出品者と比べたらお得じゃんとか一瞬でも思ったあなた、よく考えるとチケット代の1割以上手数料で取られるんですよ。

これらを合わせるとチケットぴあは5,000円のチケットの定価リセールで1,530円というチケット代の30%の手数料を取るわけです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ツイッター
よかったら フォローしてね

https://twitter.com/girigiribasara
一番下のコメントも書いてくれると嬉しいな!
チケットはお金儲けの道具ではありません
この記事をお届けした
ギリギリバサラ GIRIGIRI BASARAの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!