スポンサーリンク
ソニー、上位版PS4「Neo」を認める。現行プレイステーション4と併売するハイエンド版
この記事をお届けした
ギリギリバサラ GIRIGIRI BASARAの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

ソニー、上位版PS4「Neo」を認める。現行プレイステーション4と併売するハイエンド版

うわさの上位版プレイステーション4、開発名「Neo」の存在をソニーが公式に認めました。

ソニーのゲーム部門SCE (ソニー・コンピュータエンタテインメント)、あらため SIE (ソニー・インタラクティブエンタテインメント)のグループCEO アンドリュー・ハウス氏はFT紙によるインタビューで、ハイエンドの新型PS4を発売する予定であること、新型は性能が向上するものの「PS5」ではなく、現行のプレイステーション4と併売することを明らかにしています。


4K対応の上位版PS4は、今年3月の開発者カンファレンスGDC直後から、説明を受けたという開発者筋の証言で話題になってきました。名称は4Kに本格対応することから「PS4K」、改良版であることからPS4.5、また開発コードネームとされる「NEO」など。

ハウス氏の発言をかんたんにまとめると:

・「ハイエンド」な新型プレイステーション4を発売する。
・新型は4K対応(の拡張)や、現行PS4より高度なグラフィック性能を備える。
・いわゆる「次世代機」やPS5ではなく、現行PS4と同じ世代の上位版であり、両方が併売される。
・導入の理由は、約5年ごとに新型に入れ替わり断絶しやすい伝統的な「世代」の考え方を脱して、スマートフォンやPCなど常に進化し続けるプラットフォームの利点を取り入れること。
・ターゲットはハードコアゲーマー。および4Kテレビにアップグレードした消費者。
・価格は新型PS4 (NEO)のほうが高い。逆ザヤでは売らない(本体だけでも利益が確保できる値段で売る)
・新型PS4は上位互換。今後のPS4ゲームは、現行の通常版PS4と新型のハイエンドPS4の両方で動く。
・すべて、あるいは大多数のPS4ゲームは新型PS4に対応する。(注:おそらく、新型で動かないPS4ゲームもあるという意味ではなく、ほとんどのゲームのは新型PS4で遊ぶと高精細になったりFPSが向上するなど、上位性能の恩恵を受けられるという意味)
・開発者は現行PS4対応に加えて、新型PS4用に手を加える必要がある。ただし負担は小さい。
・新型PS4は、来週のゲームイベントE3では発表しない。発売時期についてはまだ明かさない。

性能差や具体的な価格差、年内に発売を控えるバーチャルリアリティ周辺機器 PS VR との関係などまだ秘密の点も多いものの、おおむね事前のリーク情報どおりの内容です。

http://japanese.engadget.com/2016/06/10/ps4-neo-4/

ネット民の声

・上位版なんか誰も望んでないんだから、下位互換でPS2のゲームを遊べるようにしてくれよ(´・ω・`)

・買わない人に限って文句だけは言いたがるいつもの殺伐としたつぶやき欄になるんだろうね。 Neoがでて現行PS4が大幅値下がりしたってどうせ買わないんだろう? まだ互換ガーソフトガーってある訳だし(呆

・皆どんだけセレブなの?w 貧乏すぎて4Kなんて買えないし、最新ハードの価格は購入時に躊躇して買えてないわ…。でも、よくよく考えたら定期的な縮毛やカラーで使う金額があれば買えるけどそこは譲れないw

・ほほう!?4Kテレビを売るために必死だな!